住宅確保要配慮者居住支援法人
北海道指定第11号:株式会社ギミック
Menu

セーフティネット制度概略

新たな住宅セーフティネット制度とは、住宅確保要配慮者(低額所得者、被災者、高齢者、障がい者、子どもを育成する家庭、 その他住宅の確保に特に配慮を要する者)に対する賃貸住宅の供給の促進に関する施策の基本となる事項等を定めることにより、 住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進を図り、国民生活の安定向上と社会福祉の増進に寄与することを目的とした制度です。
この制度は主に
@住宅確保要配慮者向け賃貸住宅の登録制度。
A登録住宅の改修や入居者への経済的な援助。
B住宅確保要配慮者に対する居住支援。の3つの大きな柱から成り立っています。
1.住宅確保要配慮者向け賃貸住宅の登録制度
賃貸住宅の賃貸人の方は、住宅確保要配慮者の入居を拒まない住宅として、都道府県・政令市・中核市にその賃貸住宅を登録することができます。 都道府県等では、その登録された住宅の情報を、住宅確保要配慮者の方々等に広く提供します。その情報を見て、住宅確保要配慮者の方々が、 賃貸人の方に入居を申し込むことができるという仕組みです。
2.登録住宅の改修や入居者への経済的な支援
新たな住宅セーフティネット制度では、登録住宅の改修への支援と、入居者の負担を軽減するための支援が用意されています。
登録住宅の改修への補助 改修費補助募集HP
3.住宅確保要配慮者に対する居住支援
今回の改正で、都道府県が、居住支援活動を行うNPO法人等を、賃貸住宅への入居に係る情報提供・相談、見守りなどの生活支援、 登録住宅の入居者への家賃債務保証等の業務を行う居住支援法人として指定することが可能となりました。
生活保護受給者については、代理納付に関する新たな手続きが設けられました。また、家賃債務保証業については、 適正に業務を行うことができる者として一定の要件を満たす業者を、国に登録する制度を創設しました。 さらに、家賃債務保証業者や居住支援法人が、登録住宅に入居する住宅確保要配慮者に対して家賃債務を保証する場合に、 住宅金融支援機構がその保証を保険する仕組みも創設しました。
空き部屋の解消にお悩みの大家さん・オーナーさんへのご提案! 
現在空いているお部屋をセーフティーネットに 登録(条件有り)をしていただき、要介護者(高齢者・障がい者・低所得者等)へ賃貸契約していただくと、低廉化補助として家賃補助を直接受け取ることができます! また、バリアフリー設備の取り付け工事費用などの補助もあり、空き部屋解消の一手になります!
高齢者の入居をサポートいたします。お気軽にお問い合わせください
011-671-6629  mailはこちら